【筋トレ】初心者がおちいる効いてるところ違うんじゃないって話。

こんにちはあゆっちです。

筋トレをはじめた初心者間違いやすいトレーニングとして効かしてるところが全然違っていて同じ筋肉ばかり使ってしまっているという状況があります。

本来鍛えようとしていた部位を鍛えていないのでトレーニングを積んだとしても違う部分には効果を得ていますが実際は鍛えようとしたとこは全然みたいなことことに繋がります。

今回は効く筋トレと効かない筋トレを理解してちゃんと効かせるトレーニングをしようって内容で話していこうと思います。

筋トレ上級者と初心者の違いはココにあります。

最短で筋肉をつけたいならまずはココをしっかり理解しておくことが大事です。

効く筋トレとは効かせるトレーニングである

引用元:https://unsplash.com/photos/qMWEzISL1p0

なんともおかしなこと言ってますけど筋トレ上級者とは単に力チカラが強いだけではなく筋トレが非常に上手なのです。

そう、筋トレが上手い=効かせるトレーニングがしっかり出来ているということに繋がります。

効かせる筋トレが出来るのと出来ないのでは筋肉の使い方に問題があるためトレーニングとして機能してない可能性が出てきます。

先日私はよく一緒に行く筋トレ上級者がいるんですが同じトレーニングをしている時に「肩にめっちゃ入ってますよねあゆっちさん?」、、、イヤイヤ全然入ってませんけど何か、、、。

ちなみに必要な部位に入っていなくても筋トレにはなりますがバランスが悪くなります。

効かせる筋トレが出来るひとというのは軽い重量でもしっかりと狙った部位の筋肉に刺激を与えることができます。

効かせるトレーニングが出来ないはじめたての初心者はどんなに重い重量を扱ったとしても狙った部位の筋肉にしっかりと負荷をかけることができません。

ではなぜこのような違いが生まれてくるのでしょうか?

初心者がおちいる要因、、、目的の違い

効かせる筋トレが出来ないひとはとりあえず重たい重量を持ち上げることが目的になっています。

私もよくやったのが反動をつけてしまう行為。

重たい荷物をあげる時ってよく反動を使います。

昔で言う「よっこらしょ」のタイミングです。

この時は反動を使っていると思いますよ。

効かせる筋トレの出来る上級者は狙った筋肉を収縮させた結果が重たい重量が上がっているになっています。

これは同じトレーニングをしているつもりでもカラダの内部では全く違う現象が起きています。

小さなチカラで大きな重量を扱おうとする時は無意識のうちに同時にたくさんの筋肉や関節を使おうとします。

また反動をつけてウェイトを動かそうとするためカラダが前後左右や上下に揺れることにも繋がります。

そもそも筋トレとは重たい重量を持つというのが目的ではなく狙った部位に大きな刺激をあたえることが目的となりますのでこのような動作は完全にムダになります。

負荷が分散されてしまうのでトレーニング効果は全く得られません。

ただ疲れるだけのひとになってしまっているんです。

筋トレとは非効率がベスト

筋トレというのは最小限の負荷で最大の刺激を筋肉にあたえることが大切です。

つまり非効率な動きこそトレーニング効果を最大に引き出してくれるんです。

例をあげるとバーベルカールで上腕二頭筋を鍛えるとします。膝を屈伸されて上下に反動をつけ同時に上体を前後に揺らせば相当重い重量でも持ち上げることができますがこの方法では間違っているのです。

バーベルカールとは全身をしっかり固定しほんの少しだけ前傾姿勢を保ちながら肘の位置をして全くの無反応で上腕を屈曲させるという動きになります。

間違った方法は反動を使っている為、扱える重量は大幅のダウンしますが逆に上腕二頭筋に対する刺激は数倍にも跳ね上がるのです。

筋トレとは集中力にあり

ちゃんとしたフォームが出来る筋トレ上級者が持っているもう一つの武器、それは集中力にあります。

ジムで近くでやっているひとのトレーニング姿をみてみて下さい。

筋トレ上級者と初心者と中級者とただみんなとノリできているひとと、、、ジムにいくとすぐにわかります。

これは素人でもわかるとおもいます。トレーニングに対するテンションわ気持ちの入り方、たかぶらせ方、重たい重量と向き合う姿が全然ちがいます。

しかし初心者の方が気持ちを興奮させてトレーニングするとフォームを無視した状態になりやすく結果として効かないトレーニングになるのとケガをする危険性があることは覚えておいて下さい。

初心者のうちは1つの動作をしっかりと丁寧に意識しながら行い筋肉に刺激がくる感覚を楽しみながら行っていきましょう。

【筋トレ】初心者がおちいる効いてるところ違うんじゃないって話。 まとめ

どうしてもはじめはただやみくもに重たい重量をあげたいという気持ちが先行してしまいます。

反動を使わずに非効率にトレーニングを行うことで欲しい部位に欲しい筋肉を得ることが出来る一番の最短ルートになります。

あなたも間違ったトレーニングからいち早く抜け出し筋トレを自分のものにしていきましょう。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

あゆっち

ウイイレ歴は初期からずっとしているガチ勢 レートは全然上がらないが情報だけは持っている人 どうにかしてうまくなりたい願望だけは強い!! レートは1000付近、、、 またJリーグ選手で能力値を知りたい白玉選手などはコメントくれればお調べします